見る - 渡辺不動産オリジナル分譲住宅・注文建築 ネットで見る“わたなべの家”
動画で見る
写真で見る
文字で見る
“わたなべの家”とは
お得なメリット
標準装備の設備・仕様
地震に強い家

お得なメリット
スェーデン式サウンディング試験を、各物件(建物)に5ヶ所程度行い、地耐力(N値)、土層構成などを調べ建物基礎設計の検討資料とします。(地盤改良、杭工事を実施する場合もあります。)
土台、通柱、隅柱は4寸角柱。
3.5寸角柱より10年分太い4寸角柱は、住まいをどっしりと支えます。
当社提携プレカット工場より精巧で、より強度な構造部材を作り出す先進のプレカット方式です。
耐震・耐火性に優れた厚さ16mmの防火サイディングを使用しています。
高級住宅に使用される、外壁厚37mmの外壁材。旭化成へーベル「パワーボード」を使用しています。
パワーボードは、ALC(軽量気泡コンクリート)を素材とした木造住宅専用の外壁材です。ALCは火に強く、外壁材としての用途以外にも鉄骨の耐火被覆や住戸間の界床、界壁、耐火野地など様々な建築分野で活躍しています。
※パワーボードを使用している分譲住宅もあります。
防腐・防蟻処理を場所を応じて使い分け、人体への影響を抑えた安全で適切な薬剤処理を施しています。
基礎パッキンを敷くことにより、床下の換気能力をアップ。基礎や土台の腐れを防ぎ、免震・耐震性を高めます。
太い異型鉄筋を縦・横に細かく配筋し、水平支持率を高めます。
建物の強度を決める基礎は、鉄筋入り、コンクリートベタ基礎です。
床下には、スタイロフォーム、壁にはグラスウールを使用し、省エネ環境を実現します。
すべての接合部に耐震金具を取りつけ、きょう体の剛性を高めました。
土台・基礎と柱の緊結、上下階の柱相互の緊結に使用しています。
各種ボルトと木材を介してナットを締め付けます。
かすがいやひら金物にかわって使用する金物です。
土台と柱、柱と横架材を接合する金物です。
たる木と母屋・軒桁・棟木の接合に使用します。
土台と柱、柱と横架材を接合します。
トップへ